財布選びで5年悩んで買ったわたしの財布選び。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

本日は・・・

長年使用してきたPaulSmithの財布とお別れすることになりました。風水では財布の買い替えは3年程度で買い替えすることをすすめているサイトをよく見ましたが、わたしは知らず知らずに8年ほど使っていました。

PaulSmith

途中で、買い換えよと思った時期も何度かありましたが気に入る財布が無くずっと同じ財布を使い続けていましたが、先日大阪でやっと新しい財布に巡り会えました。

わたしが選んだ財布は??

dsc_0094.jpg

THE WARMTH CRAFTSーMANUFACTURE!!

聞きなれない、と思いますが、名前はウォームスクラフツマニュファクチャーと呼びます。

革製品は、コバ処理や縫製・皮の使用部位で製品の質がわかるといいますがどれも仕事が丁寧で美しかったです。

dsc_0096.jpg

次に買うのは革の財布と決めて探していました。

わたしの中でいままで候補に上がったのはエッティンガー ココマイスター ボッテガヴェネタ グレンロイヤル 万双で見ていました。どれも非常にいいものですが買うまでにはいたらない財布でした。

身近に使っている人がいる財布は嫌だ!!

ボッテガヴェネタ は独特の編み込みデザインに引き寄せられ、迷っているうちにの会社の先輩がボッテガヴェネタを先に買ってきて自慢されたので、候補から最初に脱落していきました。ブランドを教えたのはわたしなのに!!またココマイスター も親戚が使っていたのでココマイスターも脱落です。

ボッテガヴェネタ

 

#ボッテガヴェネタ #長財布 #イタリア #おnew

☺︎Maki☺︎さん(@m.dia.5mond)が投稿した写真 –

ココマイスター

財布は実際に見て・触れて・納得して買いたい!!

みなさんも一度は見たことあるのでは?海外一流メーカーの財布。わたしの勝手な思い込みですが、ブランドネーム料がすごくある気がして値段の割に質が伴わないと考えるよになりました。

自分が使うものは自分の目で見て触って、確かめた上で買いたいなと思ったので、わたしの住んで居る地区では、グレンロイヤル 万双はどこにも取り扱っているところがないため諦めました。

カッコイイんだけどなー!!特に万双は日本製で値段も適正?と言うよりかなり安いと思いますし、仕上げがとっても綺麗です。ホームページをみた限りですが・・・

グレンロイヤル

万双

残ったのはエッティンガーですが。買いませんでした!!

エッティンガー は英国王室御用達となっており、見た目は内側も外側もとても綺麗で非常に良かったのですが、購入するまでには至りませんでした。なぜなら、とても革が柔らかくすぐ手に馴染んでくるような感覚があったのとコーティングが施されているような財布表面のテカリがどうも好きになれませんでした。

この辺りは好き嫌いの問題なので、実際に見て触ってみてください。

また、わたしは長く綺麗に使うことによって革の色が変化する、経年変化=エイジングと言うものが好きで、エッティンガーも買いませんでした。

内側のロイヤルパープルには魅せられました。是非みてみてください。王室限定色だったものなのです。もうこれだけでも、かっこいいですよね!!

エッティンガー

 

3年のエイジング #ettinger #エッティンガー 2051

TRAD HOUSE FUKUSUMIさん(@f_messenger)が投稿した写真 –

THE WARMTH CRAFTSーMANUFACTUREはいい!!

ウォームスクラフツマニュファクチャーは美しい。本当にオススメですので是非みてみてください。

ウォームスクラフツマニュファクチャー

何年も財布選びで悩んでいたわたしの事例が参考になれば幸いです。