肩甲骨のコリ解消には3つの筋肉をマッサージせよ!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

長時間の下向き作業・車の運転は要注意!!

背中の解消には、僧帽筋下部部線維肩甲挙筋菱形筋の3つの筋肉がキーポイント

なぜ、首・肩・腕・手のシビレや痛みがおきるのかを知ることで見えてくるあなたの生活習慣。まずは、毎日あなたが知らず知らずおこなっている身体に悪い習慣の改善をしましょう。

  • まずは表層筋と深層筋の違いについて

表層筋について、アウターマッスルとも呼ばれ比較的に大きな筋肉が特徴。

身体を動かすさいに働く筋肉で一般的な筋トレはこの表層筋を鍛えています。

深層筋について、インナーマッスルや姿勢維持筋とも呼ばれる。身体動作や静的作業をするさい身体のバランスを保つ筋肉です。

比較的に小さい筋肉で骨に近く常にバランスを保つよう働くため、筋肉は常に緊張した状態になりやすく疲労が蓄積される。

表層筋だけが硬くなることはなく、まず深層筋が硬くなることで表層筋も硬くなるのでしっかりと深層筋をケアしましょう。

  • 肩周りの主な表層筋

僧帽筋中部線維

僧帽筋下部線維(そうぼうきんかぶせんい)について、肩甲骨の下制がおもな働き。

下制とは文字通り肩甲骨を下げる動きをし、リラックスした時に肩が降りるイメージをすると分かりやすい。

下部線維は僧帽筋の上部・中部・下部の三つからなる筋肉です。上部と下部は互いに反対方向に引っ張り合うことで肩甲骨の安定制につながっている。

また、どの線維が支障をきたしても肩甲骨の動作が不安定になります。

  • 肩周りの主な深層筋

肩甲挙筋

肩甲挙筋(けんこうきょくきん)僧帽筋と作用し肩甲骨を引き上げるのが主な働き。

肩をすくめる動きをすると筋肉が緊張状態となり、コリが発生。寝違えをした時に痛みやすい筋肉。重いカバンを持っての移動、ショルダーバックをいつも同じ側の肩にかける習慣が筋肉を痛める。

菱形筋上部が小菱形筋。下部が大菱形筋。

菱形筋(りょうけいきん)小菱形筋と大菱形筋とがあり、小菱形筋は肩甲骨を引き寄せる動作と上がった肩甲骨を引き戻す働きをする。大菱形筋も肩甲骨を引き寄せる動作と上がった肩甲骨を引き戻す働きをする。

菱形筋は、手前に引き寄せる動きをする時に働く筋肉です。例えば、タンスの引き出しを引くことやけんすいをすると言った動作を行う時に働く。

ケンペキって聞いたことありませんか?肩甲骨の内側のことなんですが、非常に多くの方がここがこっています。

ケンペキがコルときは表層筋の僧帽筋だけでなくこの菱形筋もしっかり揉むように意識しましょう。

  • 肩コリの原因

携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコンによる長時間の下向き姿勢。長時間の車の運転には注意。

頭の重みを背中で支えようとするため肩甲骨内側の筋肉が緊張することが原因。また、猫背の状態が続くことも頭の重みを支えるために筋肉が緊張しコリの原因になる。

さらに、悪化させてしまうと首肩コリ・腰コリにも影響を与え慢性的な頭痛や背中のだるさに発展

注意!

どちらか一方の背中が痛む場合は病院で診てもらって!!

背中の左側が痛む場合、狭心症・心筋梗塞・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん・膵炎・膵臓ガンのうたがいがもあるかもしれません。

背中の左側が痛む場合、肝炎・肝臓ガン・胆石・胆のう炎・胆のうガン・胆管ガンの疑いがあるかもしれません。

  • まとめ

背中のコリの予防として、携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコンによる長時間の下向き姿勢、長時間の車の運転には注意。

猫背は、頭を支えるための筋肉が常に緊張しコリが発生するため、猫背の方は正しい姿勢を意識し猫背にならないように意識してみてください。

まずは原因となるスマートフォンなどの使用時間を控えることや休憩を入れる。カバンを同じ側の肩にかけないなどの対処してみましょう。

第二の骨盤とも言われすほど重要な肩甲骨なのでしっかりとケアしましょう。

それでも首コリがひどい方は更なる悪化を防ぐためにもマッサージ機で毎日、体ケアを!!