肩コリの解消には3つの筋肉をマッサージせよ!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今すぐ、カバンを持ち替えて!

肩コリの解消には、僧帽筋中部線維板状筋肩甲挙筋の3つの筋肉がキーポイント。

なぜ、 首・肩・腕のシビレや痛みがおきるのかを知ることで見えてくるあなたの生活習慣。まずは、毎日あなたが知らず知らずおこなっている身体に悪い習慣の改善をしましょう。

  • まずは表層筋と深層筋の違いについて

表層筋について、アウターマッスルとも呼ばれ比較的に大きな筋肉が特徴。

身体を動かすさいに働く筋肉で一般的な筋トレはこの表層筋を鍛えています。

深層筋について、インナーマッスルや姿勢維持筋とも呼ばれる。身体動作や静的作業をするさい身体のバランスを保つ筋肉。

比較的に小さい筋肉で骨に近く常にバランスを保つよう働くため、筋肉は常に緊張した状態になりやすく疲労が蓄積されます。

表層筋だけが硬くなることはなく、まず深層筋が硬くなることで表層筋も硬くなるのでしっかりと深層筋をケアしましょう。

  • 肩周りの主な表層筋

僧帽筋中部線維

僧帽筋中部線維(そうぼうきんちゅうぶせんい)について、肩甲骨の内転がおもな働き。

内転とは肩甲骨をよせる動きをし、胸をはるイメージをすると分かりやすい。中部線維の上部は肩甲骨の持ち上げに作用する。

中部線維は僧帽筋の上部・中部・下部の三つからなる筋肉です。そのなかでも、最も大きく肩甲骨の安定性に重要です。中部線維が筋肉低下すると肩甲上腕の筋肉群が機能しなくなる。

  • 肩周りの主な深層筋

板状筋

板状筋(ばんじょうきん)について頭板状筋(とうばんじょうきん)と頸板状筋(けいはんばんじょうきん)で首の後ろに反らしたり、首を真横に倒したりする筋肉です。

肩甲挙筋

肩甲挙筋(けんこうきょくきん)僧帽筋と作用し肩甲骨を引き上げるのが主な働き。

肩をすくめる動きをすると筋肉が緊張状態となり、コリが発生。寝違えをした時に痛みやすい筋肉。重いカバンを持っての移動、ショルダーバックをいつも同じ側の肩にかける習慣が筋肉を痛める。

  • 肩コリの原因

携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコンの長時間の下向き姿勢、長時間の車の運転に注意。

頭が前方に出るような姿勢や腕を上げた状態を続けることで、僧帽筋中部線維・板状筋・肩甲挙筋が緊張しコリが発生

首・肩・腕などのシビレや痛みがあらわれる。さらに、悪化させると首コリや腰のコリにも影響する。

また、眼精疲労慢性的肩こりに発展する。

  • まとめ

肩コリの予防として、携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコンの長時間の下向き姿勢、長時間の車の運転には注意。

頭が前方に出るような姿勢や腕を上げた状態を続けることで筋肉が緊張しコリが発生。

また、重いカバンやショルダーバッグを習慣で同じ側の肩にかけることをやめ、意識して左右同等程度の時間かけるよにしよう。

それでも、肩コリがひどい方は更なる悪化を防ぐためにもマッサージ機で毎日、体ケアを!!

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク