わたしがマッサージ機コーナーに来る常連客を撃退した、たった1つの事。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ホント困るんですよね!!

購入検討するわけでなく、店頭に展示してあるマッサージ機をまるで自分の物ののようにガッツリ使う人を通称「常連客」と呼び合っております。

ホント、やめて欲しいです。

そこで、わたしが行った常連客の撃退方法がこれです。

 

徹底的に接客する!!

なぜかというと常連客は買うためにマッサージ機に座っているのではなく、ただマッサージ機に座ってマッサージをしてもらいたいからです。

店舗側もいろいろと対策をしてます。

例えば・・・

  1. マッサージ機の主電源のスイッチを切る
  2. マッサージ機のコンセントを抜く
  3. マッサージ使用時間を15分程度でやめてくださいPOP設置

効果はいまひとつですね。

常連客でもなれたかたは、スイッチを切っても、コンセントを抜いても常連客が手慣れた感じでコンセントをさしスイッチも入れてしまいます。目撃すると激しくムカつきます!!

みなさんが常連客の立場ならどんな事されたら離れようと思いますか?

せっかく気持ちよくマッサージされている横で商品説明・機能説明や身体のコリのについて永遠しゃべられたらうっとうしいですよね!?

うっとうしがられても、徹底的に接客しましょう。なかには、常連客が逆切れしてくる場合もあったりました。さらには店長を連れてこいとわめくケースもありました。そこの店長とは仲良くさせていただいており、その場を収めてもらいました。後々その常連さんは出入り禁止になってました。

今でこそ、こんな風に書けますが当時は相当ヒヤヒヤしました。もしかしたらわたしが出入り禁止になるんじゃないかと思うほどでした。それほど徹底的に接客しました。

しかし、注意して欲しいのはマッサージ機ってとても高価で買うまでに3回~5回程度来店され成約されるパターンが一番多いのです。わたしが経験したなかで一番長く購入検討されお客さんは1年悩まれました。

40代の夫婦が現行商品が新商品発売され、良いのは分かるが奥さんの許可がでないとのことでほぼ毎週旦那さんがマッサージ機コーナーに来られていました。結局買われたのは、次の新商品が出る少し前の価格が落ち着きすこし値下がりしたところで奥さんと一緒に来店され購入されました。

こういう長ーーーーく検討されるお客さまもおられますのでそのあたりの見極めをしっかりとすることが大切です。この辺りは場数を踏まないと分からないと思います。

他者ヘルパーが以前から入店されているかたがいるなら常連客の有無と顔を教えてもらうのも一つの手でしょう。

結果

徹底的に接客した甲斐あって週末に来店される常連客はほぼ居なくなりました。すこしマッサージ機コーナーが寂しくなったようにも感じますが、地域柄か人が座っていると本当に購入検討されている方が来てくれません。常連客がいなくなった事で購入検討されているお客さんにしっかり説明することができるようになりました。みなさんも徹底的に接客しましょう。

補足

常連客もマッサージ機コーナー以外では買い物をされているお客様かもしれませんので丁寧な言葉遣いや接客などは心がけましょう。逆切れされますよ!!!