あと1cmに泣いたマッサージチェアの販売!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

本日は・・・

先日、家電量販店にメーカー説明員として入店した時のことです。

 

70代のご夫婦がマッサージチェアコーナに来られ、真っ先にパナソニックのマッサージチェアEP−MA068を体感されました。

いろいろと話を聞いてみると、8年ほど前に買った古いマッサージチェアをお持ちでメーカーはパナソニックを使っているとのこと。

ひと通りEP−MA068の使い方と特徴を説明させていただきました。とくに「さすり」コースを気に入られました。

せっかくなので他社製品も試したいとの事でしたので、フジ医療・ファミリーイナダを案内。両方とも座って体感していただきました。

「もみ玉が気持ち良くないし、マッサージして欲しいところから若干ずれる」と旦那様が言いながらかえってこられました。

奥様も「他のは、リモコンも分かりづらく操作しにくい」とのこと。「やっぱり、パナソニックのものが良い」と言って頂きました。

ご夫婦ともパナソニックの【もみ心地】と【操作性】に魅力感じていただけたようです。

一つ問題があるとのこと。

それは、マッサージチェアを運ぶさいに「間口が狭く入るかどうか心配」と奥様

パナソニックのマッサージチェアEP−MA068は商品梱包時には、腕のマッサージ部分が取り外されている。そのため、取り付けている場合は90cm(操作スタンド含む)で外している場合は68cmとなると説明。

わたし「一度、確認されることをおすすめします」と説明するが・・・

旦那様「おそらく、入る」と即決。

パナソニックのEP−MA068の最終売価を社員さんに出してもらい成約になりました。

問題はここからです!!!

後日、旦那様が再来店され「自宅にマッサージチェアが入らなかった」と来店された。

続けて「間口を測ってみたらが67cmだった」との事。

「パナソニックのマッサージチェアで入るのはないのか?」と質問されました。

パナソニックのマッサージチェアは全て横幅68cmなんです。と説明。EP−MA36M・EP−MP046は比較的軽いので本体を横に向ければ入ると思いますと説明。

2台とも体感していただくとマッサージに納得いかない様子。やはり上位機種で入るものとの事で、他社商品も検討。

最終的には、フジ医療のAS−860に決まってしまいました。

旦那様も「本当はパナソニックのマッサージチェアがいいんんだけどな」と最後までおっしゃっていましたが、入らないのではどうしようもないと泣く泣くフジ医療のマッサージチェアに変更されました。

たった1cmに泣いた日でした。